中四国初!ベッドセンサーVital Beats導入!

この度、特別養護老人ホーム海の里では、マットの下に置くだけで呼吸数、心拍数、睡眠の深さを計測できる厚さ0.5mmの超薄型のフィルムベッドセンサー Vital Beats を 全床に!導入しました!!

Vital Beatsは、利用者様に触れる事無く、マット下に置くだけで、心臓の自律神経活動指標をアルゴリズム解析して「呼吸」「心拍」「睡眠の深さ」を計測する事が出来ます。

フィルムセンサは、山形大学発のベンチャー企業である(株)Future Inkにより印刷プロセスで製造されています。現代の多様なライフスタイルを尊重し、身体を拘束せずにセンシング可能な、安心で心地よいセンサのあり方を追求しているとの事。

現在、海の里でも導入させていただいている介護ソフト「ほのぼの」を開発されたNDソフトウェア様の監視用システムにて運用しております。

Vital Beatsの全床導入により、利用者様1人1人の状況を細かく確認することが可能となりました。睡眠状態の把握し、それをケア方針の参考とする等、幅広く活用していきたいと海の里では考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれないコメントは無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。