平成31年1月の職員全体会を行いました。
今回は、海の里のノーリフティングケアに対する目的である『海の里で働く全ての職員の腰痛を予防する。』『利用者の自立を促進し、二次障害を予防する。』という方針を全職員に周知することを目的に研修を行いました。

まず、海の里ノーリフトケア推進委員会 堀江PTより、平成30年11月に開かれたノーリフティングケアマネジメント研修の報告が行われ、

実技として、椅子を運ぶ動作・床のものを拾う動作などの具体的な動作で、

「腰をかがめない体勢を意識することで負担が減ってくる」

ということを、全職員で実際に体験しあいました。

その後、海の里で現在使用されている、床走行型リフト・スカイリフト・移乗ボード・スライディングシートなどを使い、使用する側・使用される側、の両方を体験しました。

  床走行型リフト

  スカイリフト

  移乗ボード

  スライディングシート

各用具を使ったことがない部署もあり

「怖かった」

「使ってみたら便利であった」

「在宅でも活用できそう」 などの意見がでました。

その後は、全職員を対象に腰痛の状態を把握する為にアンケート調査を実施しました。調査結果を踏まえ安全に働ける職場環境を作っていく予定です。

今後もノーリフティングケアへの取り組み定着のため年一回開催していく予定です。

ノーリフトケア推進委員会の方々、参加職員のみなさん。おつかれさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれないコメントは無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。