苦情解決の公表

心安らぐ環境の中で、のびのびと。

「高齢者の方が充実した生活が送れるように。」
ひとりひとりの考え方もさまざま、誰もが快適な生活を求めています。
住み心地の良い環境を作っていくのは入園者自身でもあるのです。
私たち千松園では、施設整備の充実・処遇サービスの向上・居住環境の改善など、常に入園者の立場に立ったサポートを心がけています。

お知らせ
  • ただいまお知らせはありません。

快適でやすらぎのある生活を、やさしさと真心で実現いたします。

優しさとふれあいの中で、個性を大切に

遠足や毎月の行事など、ふれあいを大切にした催しを年間通して行なっています。
また余暇時間には生け花・俳句など、好みにそったクラブ活動、レクリエーション活動など生きがいとうるおいのある生活を提供いたします。

年間の行事例
  • ・お正月
  • ・お花見
  • ・夏祭り
  • ・お盆及び彼岸の法要
  • ・各種園外レク
  • ・地域交流
  • ・各種団体による訪問(歌謡・演芸など)

千松園は、心身ともにゆったりと過ごしていただける、静かな海辺の緑豊かな高台に立地しています。

介護サービス

千松園では、外部サービス利用型特定施設の介護保険事業を行なっており、介護認定を持っている方が、事業所(千松園)と契約することで、訪問介護等の介護保険サービスが受けられます。

健康の基本は毎日の食事から

新鮮な季節の食材を使ったバイキング・選択メニューを取り入れ、個々の健康状態や嗜好にそったおいしい食事を提供しています。
満足を感じられる食生活に向けて、職員ひとりひとりがきめ細やかな配慮を心がけています。

安心の保健衛生と健康管理

嘱託医(2名)及び看護師を配置し、日常生活の健康維持管理には特に配慮しています。
また、年2回の健康診断と共に内科医・精神科医の定期回診と、協力病院「さんさんクリニック」による訪問歯科診察も受けられます。
病院受診には送迎も実施しています。

毎日の安心を支える
医療と介護のネットワーク

「もしも」にそなえて…

近隣する各施設や協力病院との連携により、万が一の病気や介護が必要となった場合などに迅速・適切な対応ができます。
ご家族の方にも安心していただける医療と介護のネットワークです。

施設概要

所在地
高知県高知市十津2丁目12-1
電話・FAX
電話 088-847-0609 
FAX 088-847-5342
定員
80名(和室32名・洋室48名)
室数
  • 2人部屋 … 16室
  • 1人部屋 … 48室
設備
和室・食堂・浴室・集会所・運動場・ふれあいホール・家族宿泊室・リハビリテーションルーム
併設
ホームヘルパーステーション千松園
職員
  • 施設長 梶西 智宏
アクセス

はりまや橋からとさ電バス 十津行き又は十津経由種崎行き「十津バス停」下車(約20分)

グーグルマップ  ルート案内

施設沿革
昭和24年
10月
県立の養老院として高知市仁井田にて開設
平成元年
3月
現在地に救護施設 浦戸園と共に新築移転
平成13年
4月
社会福祉法人 海の里へ民間移管される
平成14年
12月
施設の改修・拡張工事完了
平成18年
7月
(介護予防)特定施設入居者生活介護の認可

入園の手続き

  • 入園できる方

    家庭環境および経済的理由により家庭において養護をうけることが困難な65才以上の方です。

  • 入園の基本的な流れ
    1. まずは入所相談
      市区町村の役所(役場)窓口、居宅介護支援事業所、地域包括支援センター、民生委員、養護老人ホームなどに相談してみましょう。
    2. 申込
      入園の申込みはお住まいの市区町村の役所(役場)窓口で行います。
    3. 調査
      本人、その扶養義務者等に関わる養護の状況、心身の状況、生計の状況その他必要な事項について調査が行われます。
    4. 入所判定委員会
      調査及び本人の健康診断等に基づき、措置の要否について判定します。
    5. 決定
      市区町村長が、入所判定委員会の報告により、入所措置の要否を決定することになります。
    6. 入所へ

    「お住まいの市区町村」とは、基本的には入所される方の住民票のある市区町村を指しますが、住民票のない場合は申込時点にお住まいの市区町村をいいます。詳細は市区町村にお問い合わせください。

養護老人ホーム 千松園 電話 088-847-0609 FAX 088-847-5342

メールでのお問い合わせはこちらから